Lothantique

フランスで最も有名なフレグランスブランドのひとつであるロタンティック社。

夏には一面にラベンダーの花が咲く、プロヴァンスの山間に広大な工場を有しています。

 

ロタンティックは1920年代に南フランスの「シャトーヌフ=ヴァル=サン=ドナ」という小さな村から始まりました。

山の麓はラベンダーで覆われ、そのラベンダーを利用して芳香蒸留所がこの村で生まれました。

その後、蒸留所の代表者であったジョセフィーヌはラベンダーのエッセンシャルオイルから、ラベンダーの香りのサシェ、ソープ、オードトワレなどを製作することを決意し、家業は発展していきました。

1987年、ジョセフィーヌの孫であるドミニク氏とデニス氏は家業を再稼働させ、「ロタンティック社」を設立しました。

現在、ロタンティック社はプロヴァンスの「Peyruis(ペーリュイ)」という町にあります。

ジョセフィーヌとその家族が情熱を注いで作られてきた製品は、アメリカや日本など世界各国で販売され、愛用されています。

 

ロタンティックのこだわり

・全ての製品はフランス製で、そのほとんどはプロヴァンスで作られています。

・厳選された原料を使用しており、パラベン、フェノキシエタノール(防腐剤)、鉱物油、シリコンは使用していません。

・全ての製品において動物実験は行っておりません。

・リサイクル可能な包装を使用し、またダンボールなどの包装材となるパルプと木は、適切に管理・保護されている森の資源を利用しています。