亀の子束子

明治40年、初代社長西尾正左衛門のアイデアから生まれた「たわし」の販売を開始。

以来亀の子束子を中心に多くの洗浄用品、日用雑貨を全国の家庭にお届けし、

「より快適な生活を提供する」ことを目的に品質の安定向上、新製品の開発に努めています。

皆に愛される亀の子束子は100年以上この品質を守り続け、

これからも「たわし」の基準(スタンダード)であるべく、長くご愛顧頂ける製品作りを続けています。