中秋の名月に映えるフラワーベースたち

2019年9月13日

 


 

////// 9/15 (日)  カレーの日 //////

ラプレ軒下にカレー屋さんが2店舗来てくれます!

ぜひ美味しいカレーを食べ比べしてくださいね

11:00 START 詳細

 

////// 活版印刷ワークショップ //////

2019.10.26 (sat) – 27 (sun)

詳しくはコチラ

 


 

 

残暑厳しすぎる・・・と思っていた翌日に

急に涼しくなり、すっかり天気に振り回されています。

これからどんどん涼しくなるようで嬉しいですね。

今日は十五夜。

毎年お月見をするという方もいらっしゃるのでしょうか。

(私は毎年月見バーガーを楽しみにしています・・・)

今日はすすきはまだないかもしれませんが

ドライフラワーや生花を飾ってお月見を楽しめるような

花器がたくさん入荷していますのでご紹介します。

 

 

再生ガラスでできたフラワーベース ユーリ です。

口のすぼまったデザインは枝物を飾りやすく

ガサッと無造作に入れても美しく見せてくれます。

 

 

こんな大きな枝ものを飾っても素敵。

月のきれいな窓辺には写真手前のSサイズがおすすめです。

シンプルでいてお花を飾りやすいデザインです。

 

 

さらに口のすぼまった ファンネルという花器。

1,2本挿すだけでも様になるデザインです。

スリムな見た目のこちらはLサイズ。

 

 

ちょっとぼってり感のある可愛いこちらはSサイズです。

 

 

グリーンがかった色味が特徴のリューズガラス。

たまに気泡のあるものがあったりとラフな作りをしていますので

デイリーユースに使いやすい素朴さを持つ素材です。

 

 

 

少し小ぶりなクルブはシンプルな形状。

お花がきれいに映え、どんなお部屋にも合うデザインです。

 

 

タビー

 

シャンク

 

 

フルッタ。

 

ラインがきれいな花器たち。

シャンクとフルッタは小ぶりなので小さな花を生けたい方に◎

また、球根栽培もできる花器も入荷しています。

 

 

ナブは風船をひっくり返したような形状で口の部分に球根を置くことができます。

ムスカリなどの小ぶりな球根に適したサイズです。

もちろん一輪挿しとしてもお使いいただけます。

ぜひお月見の際に秋の花々を飾ってみてはいかがでしょうか。