アラビア社のヴィンテージカップ&ソーサー

2020年3月25日

 

『 アロマワックスボックスのワークショップ 』

2020年5月1日(金) 10時30分~

母の日に手作りのワックスボックスをプレゼントしませんか

もちろんご自宅用にも◎

ご予約受付中です(詳しくはこちら

 

『 “ 青 色 ”  展 』 @星霜

「青色とは本来白、黒、緑色までの広い色を指す言葉」

たくさんの゛青色 ″が星霜店内に広がります
ぜひご来店下さいませ

4月17日(金) ― 4月24日(金)

詳しくは星霜

 


 

 

本日はヴィンテージアイテムのご紹介です。

インスタグラムではちらりとご紹介していましたが

ブログではまだご紹介していなかったと思います。

 

 

ヴィンテージアイテムのある家ってとっても素敵ですよね。憧れます。

こちらは側面に手描きで引かれた

1本の茶色い太い線がシンプルながら特徴的な

フィンランド製のカップ&ソーサーです。

 

 

公共施設やレストランで使う食器を数多く手掛けた

アラビア社のGoran Back(ゴラン・バック)氏による作品です。

 

アラビア社は1873年11月、スウェーデンのロールストランド社が

フィンランドのヘルシンキ郊外にあるアラビア地区に設立した製陶所です。

1900年の初め頃までは、主にロシア向けの日用食器、

衛生陶器、銅版転写によるディナーセットを製造していました。

その後独自の技術やデザインを研究し

ロシアよりフィンランドが独立する1年前の1916年に

ロールストランド社からの独立を果たし、

フィンランドの国民的製陶所として歩み始めました。

 

 

カップは収納時スタックできる実用的なデザインをしています。

並べているととても佇まいが素敵で

インテリアを上質な雰囲気にしてくれます。

 

 

もう一つはフィンランド語でローズマリーを意味する「Rosmarin」。

アラビア社を代表する人気デザイナーの

Ulla Procope(ウラ・プロコッペ)氏により1966~1977年に制作されたシリーズです。

 

 

エスプレッソを飲むのにちょうど良さそうなサイズ感です。

カップの側面にはブラウンのグラデーションで

大胆なローズマリーが描かれていて素敵です。

 

 

裏面のロゴは一つ一つ違っています。

長い年月の間、どこでどんな人が使っていたのか…

ゆったりと思いを馳せる時間もヴィンテージアイテムの魅力。

店頭でじっくりお選びくださいね。