荒土の盛り鉢

2018年10月4日

先日、撮影に使用したりんごをスタッフNと持って帰ることになったのですが

「りんご一個で何か作ったりするの?」

となんとなく聞くと

「ん~ケーキの生地に混ぜ込んで焼く感じですかね~」

というので

「・・・(あ、私むいて食べるとか言われへん・・・)あー・・ホットケーキミックスに混ぜるとか・・・?」

と、私の頭の中のありったけのお菓子の作り方情報をいうと

「あ~、小麦粉とアーモンドプードルと・・・」

と難しいことを言われたので笑ってごまかしたスタッフHです。

 

すごい。料理できる人・・・。

 

今日はそんな料理できない人でも、この器に盛るといい感じに見えるのではないかという

STUDIO M(スタジオエム)さんの盛り鉢、グルマンのご紹介です。

 

 

赤荒土で作られている、土っぽさが素敵なうつわ。

 

 

この大きさの盛り鉢はいろいろな料理の盛り付けに使えます。

どんぶりや、カレー。サラダなど。

おでんを盛り付けるのもいいなぁ、と思います。

 

 

荒土の無骨さと、釉薬の色味のキレイさが合わさった器。

釉薬(ゆうやく)の色味はそのときの焼き加減により多少変化があります。

そこも陶器の魅力なので、ご了承くださいませ。

 

 

 

 

ペアにしてプレゼントにもおすすめです。

 

 

水牛のレンゲやカレースプーンとのセットもいいですよ。

オンラインストアでのラッピングも承っております!

 

ラプレについて

ラプレ写真

Lapreは和歌山市にある雑貨店です。日々の暮らしをより楽しむためのいろいろなものを取り扱っています。

>> 詳しい説明を見る