ガラスの豆皿

2019年7月11日

 

 /// 夏服・夏小物SALE 開催中 ///

夏服 ・・・ 20 – 30% OFF  夏小物 ・・・ 20 – 50 % OFF

(一部対象外あり)

 


 

 

中川政七商店の豆皿が入荷しています。

 

 

1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からスタートした

青森の北洋硝子に中川政七商店が別注した

「津軽びいどろ」の豆皿です。

 

 

ガラスの種を落とした型を高速回転させ

遠心力によって成形する「スピン成形」という方法でつくられた豆皿は

形に微妙な揺らぎが出るのが特徴です。

 

 

「津軽びいどろ」のルーツともいえる

津軽半島・西海岸七里長浜の砂から生まれた

グリーンの「七里長浜」。

北洋硝子のガラスはもともと無色透明でしたが

職人さんの思いつきで七里長浜の砂を少し加えてみたところ

何とも言えない深みある緑色が付いたそうです。

アイディアがすごく面白いですよね。

 

 

深みのある「瑠璃」、涼やかな「藍鼠」も

とてもきれいな色をしています。

 

 

薬味皿にしたり醤油皿にしたり。

夏らしくてとても涼しげな食卓を演出してくれます。

 

 

江戸硝子の豆皿も入荷しています。

こちらは大正6年より東京でガラス製造を続ける

岩澤硝子株式会社と中川政七商店がつくった豆皿です。

製法はこちらも「スピン成形」でつくられており

光にかざすと形に微妙な揺らぎが出ているのがわかります。

 

 

同じ種類でも一枚一枚異なる、豊かな表情が魅力です。

回転によってできた同心円状のラインも

水紋のようで涼やかな印象です。

 

 

左上はシンプルな「透明」、

下がリズミカルに気泡が入った「泡」

右上が白い色粉をまぶすことで生まれたやわらかな表情の「白」です。

 

 

厚みのある優しい印象の江戸硝子。

こちらも夏の食卓を爽やかに彩ってくれますよ。