父の日ギフトにおすすめの扇子

2019年6月1日

早いもので、今日から6月ですね。

6月の第3日曜日は父の日です。

今年は16日。店頭でも父の日ギフトにおすすめのアイテムを集めてみました。

その中から本日は扇子のご紹介です。

 

 

中川政七商店の紳士用扇子。

糸をゆったりとした輪にして束ねた「かせ」の状態で糸を染めることで

デニム地のような味わいあるムラ感が生まれる「スペック染め」で染められた扇子です。

スペック染めは糸本来の風合いを残して染織できるのが特徴です。

一般の染め方より手間がかかる分、何ともいえない風合いを楽しむことができます。

写真は千筋柄で、縞模様もあります。

 

 

こちらが縞模様です。

どちらも和服、洋服、スーツにも合う

シックな大人の男性のための上質な扇子です。

 

 

 

鹿の刻印入りです。

さり気ないワンポイントになって良いですね。

 

 

 

扇子と同じテキスタイルで作られた扇子袋付きで

持ち運びにも便利です。

化粧箱入りで父の日だけでなくお誕生日のプレゼントにもオススメです。

 

 

さわやかで落ち着いたブルーが目をひく

年代問わずお使いいただけるモダンな柄の扇子もございます。

 

 

こちらもしっかり刻印が入っています。

はっきりとした柄ですが落ち着いた雰囲気もあり

スーツスタイルにも似合います。

 

 

袋と化粧箱付きです。

 

 

「かすり十字」をマンガン染めで表現したテキスタイルです。

マンガン染めとはもともと、手間の掛かる織絣を効率的に量産するため

大正初期に生み出された、塩化マンガンの化学反応を利用した技法です。

昭和初期まで栄えましたが、洋装が主流になると徐々に廃れ

今でも製造を続けるのは世界で一軒のみとなりました。

 

 

糸染めから織り上がりまで3ヶ月以上かかる希少な生地が使われています。

紳士用扇子は男性の手に馴染みやすいよう大きめに設計されているので

暑がりな方もしっかり扇いでいただけます。

暑がりなお父さんへ日頃の感謝を込めたプレゼントにいかがでしょうか。