SIWA

千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー「大直」が、

紙の可能性を広げる日常品「SIWA|紙和」シリーズを工業デザイナーの深澤直人さんと一緒につくりました。

深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」を、

くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、

その優しさを生かした日常品のデザインを提案しました。

「SIWA|紙和」という名前は、紙のしわと和紙の反対読みの紙和という意味があります。

和紙を丹念に精製し、革を縫製するようにひとつひとつ丁寧に生産しています。