salvia

サルビアは、衣・食・住などの暮らしのなかに、「こんなものがあったらいいな」をかたちにしていく活動体です。

2000年にグラフィックデザイナー・セキユリヲの個人的なものづくりからはじまりました。

現在は、「古きよきをあたらしく」をテーマに、

日本国内の伝統工芸や地場産業など、作り手たちのこだわりの技術を生かしたものづくりをしています。

小冊子『季刊サルビア』の発行を通して、ものづくりの楽しさをつたえています。

 

人と人の縁が深まっていくような場になるよう、いまの暮らしに寄りそうことづくりの提案をしています。

「つくること」「つたえる」「つながる」ことを大切に

残していきたい日本のいいもの・いいことを広める活動をしていきたいと思っています。

ラプレについて

ラプレ写真

Lapreは和歌山市にある雑貨店です。日々の暮らしをより楽しむためのいろいろなものを取り扱っています。

>> 詳しい説明を見る